ロックベア20秒討伐に挑戦

以前ライフルのPAホーミングエミッションで大ダメージを与える方法をご紹介させていただきました。今回はその実用例を動画を添えてご紹介させていただきます。

まずは動画を御覧ください。

動画の一回目のホーミングエミッションにはいくつかのダメージ補正がかかっています。

  • ジャストアタック
  • ウィークバレット
  • ウィークヒットアドバンス
  • チェイントリガー
  • スタンディングスナイプ
  • ゼロレンジアドバンス

上の3つに関して不明な点は無いと思います。まずチェイントリガーを使用する際はコンボを蓄積しなくてはならないイメージがあると思います。しかし、通常攻撃をせずに即座にPAを打ち込んでもダメージを2倍(くらい)にする効果があるのでWBを温存したいときや、攻撃チャンスの時間が限られているときには有効な手段です。

次にスタンディングスナイプについてです。ホーミングエミッションのスタンティングスナイプ判定はPAを起動した時点で行われます。弾を放った瞬間ではありません。そのためWBとチェイントリガーを貼り付ける初弾を撃つあたりから静止すればダメージ補正を受けることができます。

ゼロレンジアドバンスの判定は弾を放った瞬間です。そのため、エネミーの近くでPAを発動する必要はありません。距離は銃の先が目標に触れるくらいを目安にしてください。あまり近づきすぎると弾が全て外れてしまうので注意が必要です。

ここでご紹介した技は、ロックベア以外のボスやベイゼなどにも威力を発揮します。ただし、キャタドランの尻尾やファングの足など背の低い部位にはヒットさせにくいため決して万能ではありません。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする