PSO2で使われる省略語や専門用語

PSO2をプレイする上で、よく目にする単語をご紹介します。このページでご紹介するのは、ファンタシースターオンライン2の公式マニュアルなどで載っている単語ではなく、プレイヤー間のコミュニケーションで使われる省略語や専門用語です。

ルーム名とコメントで使われる単語

  • マルチぐるぐる
  • Sランクボス周回
  • パイプ固定
  • パーティー乱立NG
  • NPC連れNG

まず、マルチぐるぐるとは、クエストをクリアせずにマルチパーティーエリアを巡回し続けることです。1や2という数字が加わっていた場合は、その数字に対応したマルチパーティーエリアで集まって行動するということになります。

Sランクボス周回とは、Sランククリアを狙いながら同じクエストを何度もクリアするということです。クエストの最後に出てくるボスが落とすアイテムが目的であるケースが多いようです。ボスエリアまでの道中で出現したエネミーを全て倒して行くルームや、エリア2だけ戦闘するもの、ボスエリアの雑魚を倒すルームなどSランクにする方法は様々なので詳細内容を読んでから参加しましょう。詳細に書いていない場合はルームリーダーに質問してみるのも良いでしょう。

パイプ固定とは、キャンプシップと行き来するためのアイテム「テレパイプ」は気軽に使わないでということです。ルームリーダーが設置したテレパイプのみを使って下さいというルームが多そうです。同じPTではなくても、同じ部屋のマルチPTに対してもテレパイプを設置しても良い場所を指定している部屋もあります。理由は集団が散らばりにくくするためや、テレパイプがシステムを不安定にする疑いがあるからなど様々です。システムに関しては確かな情報はありませんが、一つの理由で指示しているとも限りませんので問題がなければルームリーダの意思を尊重しましょう。

パーティー乱立NGとは、ソロPTなどで参加せずに、既存のPTに参加するなどして4人×3チーム=12人という最小限のPT数にとどめましょうということです。またNPC連れNGとは、ゼノやエコーなどのパートナー、フレンドパートナーの同行を禁止するということです。このふたつは主にマルチぐるぐる部屋で見られるルールです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする