浮遊大陸の宝箱のとり方

※この記事は2012年8月14時点の仕様を前提で書かれています。ご注意ください。

浮遊大陸では他のマップとは異なる宝箱の配置が施されていることがあります。一見入手方法がわかりにくいものがありますので、その入手方法についてご紹介します。地面に配置されているボックスについては問題ないと思うので高台にあるボックスのとり方についてです。

  • 竜巻に飲み込まれて登る
  • よじ登る
  • カタパルトで登る
  • スイッチを攻撃してカタパルトで登る

赤箱は諦めよう

リストの一つ目の「竜巻に飲み込まれて登る」が対象となる宝箱は、赤い色のレアボックスが複数設置されている高台のことです。これに関しては自発的に入手することはできません、偶発的に発生する竜巻に飲み込まれ、運良く赤の宝箱がある高台に落ちた時のみ手に入れることができます。基本的には手に入れることができないと割りきった方が良いでしょう。タリスを経由してテクニックを発動すると破壊できるという情報もありますが、台の周りに展開されている障壁は見た目以上の高さがあるため、成功したとしても、そこそこ時間を要します。やはり無視するのが得策と思われます。

赤箱以外は比較的簡単に入手できます。一見登れなさそうなものでも、よく見渡すと足を引っ掛ける突起物がありますので、それを使いジャンプでよじ登りましょう。もしいくら見渡してもそのような突起が無い場合は、凍土でもおなじみのカタパルト(ジャンプ台)が必要なものです。

カタパルトはすぐ近くにあるとは限りません、かなり離れた場所に設置されていることもあります。マルチエリアで巡回している場合は、これを時間短縮に使うこともできます。反対にコースから離れてしまう場合もあるので、とりあえずガンスラッシュの射撃モードなどでボックス破壊しておいて、後でまとめて回収した方が効率的です。

さらに上空に浮かんでいる小島にお宝があるけど、カタパルトが無いという場合は丸いスイッチのようなものを探してみましょう。このスイッチに一定量のダメージを与えることによってカタパルトが起動して、小島や高台まで飛んでいくことができます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする