正式強化シミュを公開

おまたせしました。正式版の強化シミュレータを公開しました。既に公開していたBeta版からいくつか機能、性能が向上されています。

アイテム強化シミュレータ

改善された機能は次のとおりです。

  • 求めた成功確率の信頼性が向上
  • 検証データ量の増加
  • 携帯電話や低スペPCなど幅広い環境で動作

改善された機能の詳細

最も大きい成果がシミュレータの精度の向上です。これまでは、検証する人(主に筆者)がよく強化する武器によって精度の高いのレア度と、精度の低いレア度が発生する状態でした。つまり、レア度9武器の強化データばかり収集すると、レア9武器の精度は向上しますが、それに反してレア度8武器などの精度はやや低下する傾向にありました。理由は以前の記事を御覧ください。正式版では「武器or防具>レア度>その時点の強化値」これをひとつの括りとしてデータ検証を行なっているので、それぞれの成功確率データが干渉しなくなりました。

しかし、これによって一つ問題が発生します。それはデータの区分が細かくなったことによってより多くのデータ収集が必要になることです。この問題はログファイルに残されたアイテム強化の結果を自動で解析するプログラムを作ることによって解決しました。これが2つ目の変更点です。従来は強化するたびにエクセルシートにその内容をメモしていたのですが、自動解析のおかげ効率的なデータ収集が可能になりました。またログファイルさえ提供してもらえば、さらに大量のデータを得ることが可能です。直接皆さんのプラスになる変更点ではありませんが、関節的に強化シミュレータの性能を向上することになります。

3つ目の変更点は携帯電話でも利用可能になったことです。これまでは皆さんのマシンで情報処理していたのですが、正式版ではサーバ側が処理をして導き出した成功確率を表示する仕様に変更しました。これによって情報処理する機能が備わっていない携帯電話などでも利用可能になります。携帯以外でも、ゲーム機やテレビのブラウザなどでも実行できるので、フルスクリーンモードでPSO2をプレイしている方にとっては便利になったのではないでしょうか。

まだ公開したばかりなので、表示される成功確率の信頼性はまだそれほど高くないかもしれません。検証データが増えるにつれて少しずつ信頼性が高くなっていきます。また、改善点を発見した場合はしっかりとメンテナンスをしていきますので末永くご利用いただけれると嬉しいです。

また、成功確率を求めるだけではなく、強化値+10にするためには一般的にどのくらいメセタが必要なのかを求める機能などもつけてみたいと考えています。現時点でも成功確率が99%になるように少しずつ予算を引き上げていけば、確実に完成させるためにはいくら必要なのか調べることができるのですが、ちょっと面倒ですよね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする