強化成功率アップはリスク発生率を下げるかも

まずは、下の表をご覧ください。表には成功率+10%期間中の☆7武器の強化検証データを記載しております。セル内の右側にカッコで記した数値がありますが、これは成功率+10%が適応されていない期間の☆7武器の検証データです。

成功率+10%期間中の☆7武器強化データ(カッコ内は期間外の☆7武器)
強化値 成功 失敗 -1 -2 最大リスク
0 100%(100%) 0%(0%) 0%(0%) 0%(0%) なし
1 100%(100%) 0%(0%) 0%(0%) 0%(0%) なし
2 91%(92%) 9%(8%) 0%(0%) 0%(0%) なし
3 90%(86%) 10%(10%) 0%(5%) 0%(0%) -1
4 70%(59%) 30%(36%) 0%(5%) 0%(0%) -1
5 67%(58%) 28%(25%) 5%(17%) 0%(0%) -1
6 60%(44%) 0%(0%) 40%(48%) 0%(9%) -2
7 62%(45%) 0%(0%) 38%(43%) 0%(12%) -2
8 50%(39%) 0%(0%) 44%(53%) 6%(8%) -2
9 48%(52%) 0%(0%) 43%(26%) 9%(22%) -2
施行回数
強化値 成功       失敗      -1      -2      最大リスク
0 80(9) 0(0) 0(0) 0(0) なし
1 95(9) 0(0) 0(0) 0(0) なし
2 111(12) 11(1) 0(0) 0(0) なし
3 125(18) 14(2) 0(1) 0(0) -1
4 155(67) 67(41) 0(6) 0(0) -1
5 401(131) 167(57) 30(39) 0(0) -1
6 418(82) 0(0) 276(89) 0(16) -2
7 419(53) 0(0) 260(51) 0(14) -2
8 264(23) 0(0) 236(31) 33(5) -2
9 126(12) 0(0) 114(6) 24(5) -2

はじめに注目していただきたいのは「強化値3の-1」、「強化値4の-1」、「強化値6の-2」、「強化値7の-2」の発生確率が0%になっていることです。もし成功率アップ期間でも「失敗」「-1」「-2」の発生比率がそのままだとすれば、0%以外の確率が0%になるということはありえません。つまりこれは成功率アップはリスク発生率に何らかの影響を与えるということを意味しています。

次に最も試行回数が多い強化値5の検証データを御覧ください。このデータを見る限りでは-1の発生率が優先的に下がっているように見えます。強化値3,4,6,7の最大リスク発生率が0%になったことも踏まえると最大リスクの発生率から優先的に下がっていくのではないでしょうか。

ただ成功率アップ期間外のデータがあまりにも少ないので結論はまだ出せそうにありません。報酬期間が終了次第に検証を行い裏付けをしていきたいと思います。また、その結果を元に強化シミュレータにも成功率アイテムを使用した場合のシミュレーションができる機能を追加する予定です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする