強化シミュレータBetaをリリースしました

前回のサイトPSO2おすすめ日記でも公開していたものと同じですが、検証データが倍ほどになっているで少し精度が向上しています。前回同様にi-modeなど一部のブラウザではご利用になれません。

武器強化シミュレータBeta

現在強化シミュレータの正式版の作成に取り掛かっているのですが、完成させるためにはたくさんの課題があります。その課題の数だけ現在のBeta版には問題があるということにもなります。この記事ではその課題についてご紹介します。

成功率の法則性の解明が必要

今回リリースしたBeta版では、「確実」「注意」などの成功率表記と、「リスクなし」、「-2」などの最大リスクが一回の強化の成功率を決めているものとして検証を行いシミュレータを作成しました。しかし、収録したデータを読みなおしてみると、もう一つの要因である「現在の強化値」が関連している可能性がでてきました。

レア度7,8の武器などでは「危険&-2」でリスクなしの失敗が発生するケースは一度もありません。しかし、レア度9武器の強化値5の「危険&-2」でのみリスク0の失敗が発生するのです。この点を考えると成功やリスクの確率はレア度と強化値によって紐付けられている可能性があります。また、レア度ではなく強化費用などの別の情報が関連している可能性があるので詳しい分析が必要です。

残念ながらこれまでのデータは「危険&-2」というようにまとめて記録していたのですぐに分析することができません。ただ、PSO2が吐き出すlogファイルには強化の結果が残っているのでそれを詳しく調べてみたいと思います。今のところlogファイルから手作業でも掘り出せる量なのですが、どうせなら今後継続的なデータ収集を行いたいのでlogファイルから強化データを抽出してまとめるプログラムを作成しておこうと考えています。

まだまだ欠点だらけの強化シミュレータですが、吐き出す結果はそれほど的外れではないと思いますので、参考程度にでも使っていただければ嬉しいです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする