報酬期間までに知っておきたい強化アイテムの仕様(まとめ)

3/5に強化成功率の緩和が実施され、その一週間後には成功率が10%上昇する報酬期間が待っています。めったにないこのチャンスを存分に活用できるよう、これまで検証してきた強化アイテムの仕様をまとめてみました。

成功率アップには見た目以上の効果がある

「成功率+10%」といった成功率アップアイテムは数値の見た目以上に大きな効果を発揮します。それには2つ特性が影響しています。

成功率アップアイテムは文字通り成功率を上昇させる効果があります。上昇量は元の値が何パーセントであってもその数値分が固定値として加算されます。具体的な例を挙げると、成功率が20%の強化で+10%を使用すると20+10=30で、30%になります。20+(20*0.1)=22の22%という計算にはなりません。

よく「元の倍率が低いから成功率アップを使ってもあまり変わらない」と思ってしまう方もいますが、これは誤りです。元の確率が低いものほど、より大きな効果を発揮します。これが見た目以上に大きな効果を発揮する一つ目の特性です。

そしてもう一つ、成功率アップには最大リスクの発生率を下げる効果があります。成功率が10%増えると、当然どこかで発生率が10%下がっている必要があります。そしてその10%は最大リスクから優先的に下がっていくのです。少しイメージしにくいと思うので、アイテムを使用した場合の例を御覧ください。

成功率アップ 成功率 失敗 -1 -2 -3
未使用 50% 32% 0% 10% 8%
+5% 55% 32% 0% 10% 3%
+10% 60% 32% 0% 8% 0%
+20% 70% 30% 0% 0% 0%
+100% 100% 0% 0% 0% 0%

+20%を使用したときのように、成功率アップを使用することによってリスクそのものが発生しなくなるケースもあります。強化の画面では「最大リスク:強化値 -3」という表示のままですが、-3が発生することはありません。

リスク軽減は確率を左に移動させる

最大リスクが-3の強化でリスク軽減(+1)を使用すると最大リスクは-2になります。リスク軽減(+2)を使用すると-1になり、完全を使用すればリスクは全く発生しなくなります。

それぞれのリスクの確率の変化については少々複雑なので、こちらについても下の例をご覧頂いた方が早そうです。表を見ていただくと、失敗(リスク-0)を行き止まりとし、それぞれのリスクの確率がリスク軽減アイテムの効果分だけ左に移動していることがおわかりになると思います。

リスク軽減 成功率 失敗 -1 -2 -3
未使用 50% 32% 0% 10% 8%
+1 50% 32% 10% 8% 0%
+2 50% 42% 8% 0% 0%
完全 50% 50% 0% 0% 0%


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする