マグの成長のコツ

装備したい武器は既に持っているけど能力が足りないからマグの能力支援が必要な場合、マグの成長の遅さがもどかしくなりますよね。レベルが100近くになった頃からはさらに成長スピードが遅くなり気が遠くなります。今回は少しでもマグの成長を早めるコツについてご紹介します。

強いマグはよく食べよく働く

マグの成長を促すポイントは大きく分けて2つです。ひとつは、能力が上げるためのエサの選び方です。そして、もうひとつは、より多くのエサを与えるためにどのようにしてエネルギーを下げるかです。

  • レア度の高いエサを与える
  • 攻撃力と防御力は片方ずつ上げる
  • エネルギーはクエストで下げる
  • 発動率の高いトリガーアクションを装着する
  • マメにエサを与える

エサに関してはあまりおすすめできる情報はありません。エサとして与えることができる装備はレア度5までで、レア度は高ければ高いほど能力の変化が大きくなります。ここで変化と言ったのは、大きくなるのは上がる能力値だけではなく、下がる能力値も大きくなるからです。武器は攻撃力を上げ防御力を下げます。また防具はその逆という性質があるため、武器と防具は交互に与えても能力は全く上がりません。だからこそ、片方づつ上げていくことが重要になります。能力が下がるといっても能力支援レベルまでは下がらないので、区切りのいいところでシフトしましょう。

いかに満腹度を下げるかが重要

より早くマグを成長させるためにはエネルギー(満腹度のようなもの)を下げる方法が重要です。エネルギーを下げるためには時間経過を待つか、マグにトリガーアクションを発動させることが必要です。時間経過に関してはどうしようもないので、トリガーアクションを発動させるためのデバイスの与え方が腕の見せ所となります。

発動率の高いトリガーアクションの支援デバイスを与えれば効率は上がります。あとは実用性との掛け合いでカスタマイズするだけです。筆者のおすすめとしては、まずアイテムを生産する生産デバイスは入れておきましょう。生産デバイスはひとつしか習得できないのですが、これは一定時間ごとに発動するので安定してエネルギーを下げることができます。また、生産デバイスが発動したらエサを与えるというようにタイマーのような運用も可能です。

とにかく大ダメージを食らう場合はHP回復系でもいいかもしれませんが、HP、状態異常回復は条件が揃わない限りは全く発動しないのであまりおすすめではありません。BPが満タンなら一定時間ごとに発動する無敵Aなら、マルチエリアでの長時間の狩りで周期的に発動してくれます。また進化系統によれば能力上昇Jなど一定時間毎に発動するトリガーアクションを習得するので、それらも合わせればより効率的にエネルギーを下げることができます。

もし放置に近い状態でマグを育てる場合は、キャンプシップではなくクエストで行うことによって効率はかなり向上します。生産デバイス/HP回復系を習得させて放置すると一面モノメイトまみれになるのでその効果の高さを実感できると思います。もし戦闘に積極的に参加ぜずに満腹度が下がるのをのんびり待つ場合は、人が少ないブロックで鍵をかけて部屋を作りましょう。



最終更新日: