一部のPAが大幅に上方修正

厳密には上方修正ではなく、新しく登場したLv11以上のディスクを使用することによって、大きく性能が向上するPAがでてきました。今回は特に気になった射撃PAをご紹介します。

  • ホーミングエミッション
  • クラスターバレット
  • ロデオドライブ

まず最も性能が高くなったのはホーミングエミッションです。クセのあるロックやPP消費量はこれまで通りですが、攻撃力が非常に高くなりました。正確なデータはまだとれていませんが、スニークシューターの70パーセント程度の威力です。

最大6っ箇所までロックできるので、ファング(スノウ)パンサーやバンシーなどのようにたくさんの部位が狭い範囲に集まっているエネミーに対して効果的です。通常のロックが一箇所しかないロックベアなどでも、部位は頭、体、両腕の4箇所がありホーミングエッションではこれらの部位を全てロックすることができます。

さらに、発動速度が非常に素早く、一箇所を連続で攻撃する場合はスニークシューターの半分程度の時間で繰り出すことができます。PP効率は悪くなってしまいますが、チェインフィニッシュなど短時間でできる限り攻撃を叩き込みたい場合は非常に有効的です。

ランチャーのPA「クラスターバレット」と「ロデオドライブ」の攻撃力も上昇しました。この2つは、エネミーとの距離を把握しなければならないのが難点ですが、有効な射程距離と地形が揃えばディバインランチャーよりも高い威力を叩きだすことが可能です。ディバインランチャーは撃ち上げ効果があるため、使い方を誤るとPTの連携が噛み合わなくなってしまいます。エネミーを打ち上げれない状況でも高い攻撃力を保つために是非ともこ2つのPAはをマスターしたいところです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする