FUNスクラッチの「入手難易度」の仕様

FUNスクラッチの当選確率は公表されていませんが入手難易度という目安が☆の数で表現されています。今回はその「入手難易度」がどれくらい目安になるものなのか検証してみました。

いきなりですが結論からご紹介します。今回判明したことは次の内容です。

入手難易度の表記が同じであっても当選確率も同じとは限らない

グラインダーも能力追加成功率+5%も両方とも星の数は1同士です。しかし、検証データをご覧いただくとおわかりになりますが、「グラインダー」の当選確率は20.46%で「能力追加成功率+5%」は2.20%というようにかなり差があることがわかります。信頼度99%で標本誤差の計算をしても最小で13%ほどの差がありました。

今回の検証ではデータの偏りや誤差を考慮した上で計算を行いましたが、この結果が100%正しいわけでは無いことをご了承ください。なおACスクラッチについては未検証のため、この検証結果が当てはまるのかどうかは不明です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする